– 大山百合香プロフィール

鹿児島県奄美群島の沖永良部島出身。日常的に音楽と触れ合って育つ。

高校時オーディションに合格し、東京に上京。音楽専門学校2年在籍後
2005年Sony Music Associated Recordsよりメジャーデビュー。
3rd singleに収録されたモンゴル800のカヴァー「小さな恋のうた」がエースコック『スープはるさめ』のCMに起用され話題に。
’07年NHK『関口知宏の中国鉄道大紀行』テーマ曲に「光あるもの」が抜擢され
映画『河童のクウと夏休み』の主題歌に「夏のしずく」が決定。
’09年に初のベストアルバム「海の青~singles And More~」をリリース。
’10年以降ソロアルバム、コンピアルバムへの参加。
’14年初の自主制作CD「風に咲く約束の花」をリリース。
’15年より広島県を拠点とし、’17年New single 「カワラナイモノ。」をリリース。

飾らないハートフルなステージ、まっすぐ伸びる心地よいクリアボイスが特徴。
ひとつひとつの出会いと縁を大切に、これからも歌を紡ぐ。




Page Top

記事がみつかりませんでした。